まずは無料相談から

相続税問題に強い税理士の探し方ですが、紹介を受けたり、インターネットから探すこともできます。相続税の問題に悩んでいる人は、まずは無料相談から始めてみることをお勧めします。相続税の問題は頻繁に改正されますので、プロである税理士でも豊かな経験や知識が求められます。最適なアドバイスを受ける為にも、安心して任せることができる税理士事務所を選ぶようにしましょう。

相続相談の中には、被相続人の為の生前贈与も含まれます。生前贈与をすることによって、相続人のトラブルを回避することにもなり、また、相続財産を減らすことにもなりますので、子供である相続人が兄弟姉妹で争うことのないように、被相続人の方は、今から相続に関して税理士に相談しておくのも良いかもしれません。

税理士と聞いてどんな相続相談ができるのかと疑問に感じる方もおられるかもしれません。しかしながら、税金問題に関する専門家ですので、相続税申告をする必要がある方は、ぜひ利用されることをお勧めします。ご自身でされるには相続の問題は複雑過ぎますので、知識のない方にはおそらく難しいと思われます。まずは無料相談をして、どんなことをしてもらえるのか、詳しく説明を受けると良いでしょう。

相続相談サービスとは

相続相談サービスを利用した場合、具体的な業務内容としては、まず相続税申告に関わる全ての事務所類の作成があります。また、相続財産の試算をしてもらうことで、適切な財産評価を受けることもできます。相続した財産は、実際の売値と、相続税法から見た価値は異なります。税額は相続税法による価値によって決定されますので、この難しい計算も、プロである税理士にしてもらうことで、頭を悩ませる必要はなくなります。

また、遺産を相続したら、やはり考えるのは相続税対策です。税理士に相談することで、相続する財産の課税価格を低くし、相続税をできるだけ少なくする対策をアドバイスしてもらうことができます。また、不動産やマンションを保有している場合等にはその対策等も相談したり、不動産購入についてのコンサルティングをしてもらえる税理士もいますので、様々な角度から節税について考えてもらうことが可能です。

相続は世代を超え資産の移転であり、相続対策として行われる生前贈与でも資産の移転が課題になります。財産の移転で注意しなければならないことが 税金です。そんな理由から、相続対策の相談には 相続に強い税理士探されるお客さまが多くいらっしゃるのだと思います。一方で資産の移転を考えた計画を実行していくには、単に税金だけではなく、成年後見や遺言執行、不動産の有効活用や家族信託等、税金以外の業務ノウハウと実行支援が必要になってきます。

このように、税金関係についての全ての問題について、自分で一から勉強するよりも、税理士に依頼した方が、何倍も早くスムーズに、適正価格で申告することができますので、多少の費用がかかっても相談されることが最善の方法であることが分かります。

税理士相談が良い理由

相続税申告について、公的機関に相談すれば、無料でできるのではと考える方もおられます。確かに、税務署や相談窓口において、相続に関する無料相談ができますが、一般的な相続税の説明のみになりますので、全く知識のない方が相談に行かれても、分かりづらい場合も出てきます。また、相続税節税については教えてもらえませんので、ある程度準備をしてから具体的な質問をしなければ答えにはたどり着けないことがあります。また、方法が分かったとしても、相続税の計算や申告は自分ですることになりますので、ここはやはり税金のプロである税理士に、いろいろな方面でのアドバイスを求めることがより早くスムーズに済ます最善の方法と言えるでしょう。

税理士に相続相談をした場合、相続税のあらゆる問題に対して最適な答えを出してもらうことができます。相続税の算出や、書類作成や税務署への申告、全ての手続きをしてもらうことができますので、相続に関して費やす時間や労力を大幅に減らすことができます。また、税務調査が入る場合にも、税理士が対応してくれますので安心して構えていることができます。相続税に関するストレスや時間を費やさない為にも、税理士の利用は大変お勧めです。

相続相談は税理士へ

突然の身内の死によって遺産を相続することになった場合、たいていの人が、予期せぬ相続問題や困難の壁に悩まされることになります。よく耳にすることも多い相続税の問題ですが、いざ自分の身に降りかかると、どうして良いか分からない方も多くおられることでしょう。一般的に、自分とは関わりがないと思っている方も多く、税金に関して知識が豊富な方や、税務関係の仕事をしている方以外には、自身で解決することは困難な問題と言えるでしょう。

相続税とは、両親や親族が亡くなった際に、遺産を相続するとなった場合に発生する特別な税金のことを言います。相続税の基礎控除額に収まるような場合には申告が不要ですが、改正が頻繁に行われる上に複雑な場合も多く、なかなか一般人には分かりにくい分野になります。そういった場合には、税金の専門家である税理士に相続相談されることをお勧めします。申告が必要かどうかの判断をしてもらう為にも、無料相談等のサービスを利用して、まずはどのような問題があるのかを整理してもらうと良いでしょう。

相続税申告の手続きは、自身でされる方も実際におられますが、税金の知識がある方や、ご自身でじっくり取り組む時間と気力のある方以外にはお勧めできません。提出書類には第1から15表まであり、申告のミスがあったりすると追加提出や説明が必要になる可能性もありますので、何度も税務署へ足を運ぶことになるケースもあります。慣れていない方や時間のない方には、やはり専門家へ依頼することをお勧めします。