相続相談サービスとは

相続相談サービスを利用した場合、具体的な業務内容としては、まず相続税申告に関わる全ての事務所類の作成があります。また、相続財産の試算をしてもらうことで、適切な財産評価を受けることもできます。相続した財産は、実際の売値と、相続税法から見た価値は異なります。税額は相続税法による価値によって決定されますので、この難しい計算も、プロである税理士にしてもらうことで、頭を悩ませる必要はなくなります。

また、遺産を相続したら、やはり考えるのは相続税対策です。税理士に相談することで、相続する財産の課税価格を低くし、相続税をできるだけ少なくする対策をアドバイスしてもらうことができます。また、不動産やマンションを保有している場合等にはその対策等も相談したり、不動産購入についてのコンサルティングをしてもらえる税理士もいますので、様々な角度から節税について考えてもらうことが可能です。

相続は世代を超え資産の移転であり、相続対策として行われる生前贈与でも資産の移転が課題になります。財産の移転で注意しなければならないことが 税金です。そんな理由から、相続対策の相談には 相続に強い税理士探されるお客さまが多くいらっしゃるのだと思います。一方で資産の移転を考えた計画を実行していくには、単に税金だけではなく、成年後見や遺言執行、不動産の有効活用や家族信託等、税金以外の業務ノウハウと実行支援が必要になってきます。

このように、税金関係についての全ての問題について、自分で一から勉強するよりも、税理士に依頼した方が、何倍も早くスムーズに、適正価格で申告することができますので、多少の費用がかかっても相談されることが最善の方法であることが分かります。